スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロプレイヤーの私が、初めて魔法の迷宮へ行った話(後半) [ドラクエ10 プレイ日記]

みなさん、どうもです(*^_^*)

今日は、前回に引き続き、魔法の迷宮に初挑戦したこと(今回は、もこさんバージョン)を
お送りして行きたいと思います。


[前回の記事を読まれてない方は、読まれてからの方が状況が分かりやすいかもですが、
読まれてなくても、全然大丈夫です~]





では、スタートです。 [前回以上に長いです…]





それは、おとといのことでした。
(更新が遅れてしまったので、正確にはおとといの更に前の日です)


もこさんとジップのウェディング衣装をレンタルして、
写真を撮りまくった私は、なかなかいいテンションになっていました(← 一人ですみません…)
[ちなみに私は、お酒はいっさい飲めません…]


この、いいコンディション(メンタル面での)であれば、
今日ちょっと何カ月かぶりに、魔法の迷宮に行って、
もこさんの魔法の迷宮のクエストをクリアしたいな…!という
気持ちが出てきました。



63500752.jpg



前回のSKくんの時の初めての迷宮で、
ちょっとなかなかドキドキした迷宮だったのでw、

やはり、ソロプレイヤーとして、
サポートメンバーでゆっくりと迷宮を堪能したいな!と思って、

サポートメンバーと行ける条件は何かなぁと、私なりに考えました。



それは、


・人がいない時間帯であること
・低レベルであること



これが大きいんじゃないかなと読みました。


人がいない時間帯であれば、サポートメンバーにならざるを得ないわけで、

更に、最近はもう高レベルになってるプレイヤーが多いと思ったからです。

(今考えると、育てていないサブキャラの場合は、
 低レベルでも結構いらっしゃるかも…ですよね…?)



もこさんのレベルでいくと、賢者がレベル30になったので、
これ以上上がってしまう前に
(バトマスはまだレベル20なのですが、慣れてる回復が使える職で行きたくて)
そろそろ行くべきなんじゃ…と最近思っていたんです。





そう、今日行くべきだ…!と、自分に気合を入れて、準備に取り掛かります。

装備は全部レベルに応じたものだし、大丈夫…、

いや、腕が弱いかも、賢者レベル30から付けれる賢者のアームに変えておこう。





グレンで錬金された☆2のアームに変えました。

よし、これで何か突っ込まれることはないハズ…!



必死です。



日頃から迷宮に通われてる方からしたら、

「なんでこんなにビビってるの、この子」と思われると思うんですけど、

私クラスのチキンハートの持ち主は、意外とこんな感じだと思います。
(きっと、このブログを読んで下さってる方の中にも、
 「分かるよ」って方もいらっしゃるハズ…!)



そして、準備も整って、時を待ちます。

1時が過ぎて、

まだ早い…、もうちょっと待とう…、


2時になって、

あともうちょっと…、


ホントは3~4時くらいに行きたかったのですが、

明日のことを考えると、もう行かなきゃ…と思って、

たしか、2時30分くらいだったかなぁ…、

レンドアの、モコモコした子のとこに行って、クエストを受注しました。





マッチング中、SKの時と同様、ひたすら、

「サポートメンバーだけになりますように…!」と、

強くお願いしました。




「マッチング中…」のローディングが、結構長くかかっています!(*゚∀゚*)





こ、これはもしや、私のお願いが叶うんじゃ…、




日頃の、真面目な行いを、やはり神様は見ていてくれてるん…、









「よろしくおねがいします」






あっ、よ、よろしくおねがいます…(´д`ι)







日頃の真面目な行いが…、とか、調子に乗った私の考えに、神様がイラっとしたみたいで、

普通にプレイヤーさんがいらっしゃいました。




でも!






今回は、SKの時とは違って、私以外に、プレイヤーさんは一人でした!ヤッタ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!


私、その方、サポ2人です。

肉入り4人の時と比べたら、私の中では、ものすごく気がラクです!


神様、やはり私を見捨てないでいてくれたんですね…(*´∀`*)





ご一緒になった方は、バトマス、キャラは人間の男の子で、
お名前は、ここでは「王子」と呼ぶことにします。




挨拶を済ませると、というか、挨拶と同時に、王子は走り出します。



私は必死で追いかけて、王子についていきます。
(「ついていく」をしたわけではなくて、追いかけてったということです。
 もちろんです…!)



モンスターを見つけると、ガンガン走って突っ込んでいく王子、

私がちゃんと来てるかどうかとかおかまいなしです( ´艸`)ムププ

なんともワイルドです…!



モンスターを倒したら、宝箱が出ました。


ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪ ガチャっと私がしてる間に、王子は一目散に先に走っていきます。




あれ? 王子、宝箱開けたっけ…?


私が気づかなかっただけだろうな、王子行動早いな、私がノロいんだろうな(>_<)




王子 [準備完了!]


ものすごい勢いで扉の前にスタンバイの王子♪



前回同様、挨拶からここまでの間、会話はありませんが、
ガンガン突っ込んでいくこの感じ、
なんとも頼りがいがありそうです…!




チャレンジフロアというものになりました。

呪文が禁止とのことで、賢者のもこさんは両手杖でガンガン叩きます。




フロアの最後に、金の宝箱があって、

これまた ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪ って、ガチャリと開けたら、
ちいさなメダルでした!


ャッタ─ヽ(*´v`*)ノ─ァァ!!  と、一人、心の中で喜んでいたら、


 
王子 [準備完了!]


金の宝箱には目もくれず、再び、扉に一目散に向かっていく王子。



今回は、間違いなく、宝箱を開けていないのを確信しました。






(だいぶ急いでるのかな…?)






金の宝箱にも目もくれないくらい、急いでるのかな…?


それだったら、私も宝箱取る時間がアレだろうし、
次からは、宝箱スルーしていいや、と思って、
王子に合わせることにしました。






次の階に着いた途端、
さっきまでの王子の動きが嘘かのように、勢いがなくなりました。


一目散にモンスターに突進していってたのに、
モンスターを見つけても、その場にいたままだったりして、

私が先にモンスターに当たってしまったので、

「今、何か確認してたのかな…? モンスターに当たって大丈夫だったかな…?」

と、不安になったりしました。



次の戦闘でも、王子が壁に引っかかった感じの状態で戦闘開始に…。
戦闘が始まっても、後ろにいるままの王子。


賢者のもこさんが誰よりも前へ出て、身体を張ります!



王子の様子がおかしい…、私が守らなくては…!





戦闘が終わると、今きた道を戻りだす王子。


王子、私たち、今そっちから来たよ、
出口は向こう側だよ、


でも、私は王子についていきます…! (*´ω`)ゝ ハイ




なんだかんだで、もうボス戦です。


扉の前で、準備をします。



前回の(SKの時の)まんたんの件もあるし、

HPはもちろんまんたん、自分、サポ達全員のMPまでまんたんにしました。



よし!

もこ [準備完了!]






…ん?







そういえば、王子が隣にいません。





あんなに、扉に猛突進していた王子が、私より後に、扉に行くなんて初めてかも…、

と思いながら、王子を待ちました。







…来ません…。






準備完了を解除して、王子を見ると、王子は扉よりだいぶ後ろのところで佇んでいます。



(何か準備しているのかな…?)




王子のMPはまんたん、
でも、武器変えたりとか、ボス戦をひかえて、やる準備があるのかもしれないし、
ゆっくり待とう。





…来ません。






ホントに来ません…。






王子の隣に駆け寄ります。




何か話しかけようと思いましたが、急かしてしまったら申し訳ないので、
王子の隣で待ちますが、反応がありません…。



よし、ここまで来たら、話しかけた方が良いな。


えーと、「どうかされましたか…?」って聞いてみようかな…、


うーん…、でもそれだけじゃ…、なんか…、

フレンドさんとか、チームメンバーに話しかけられてる最中かもしれないし…、


あ、

「どうかされましたか…?」
「何かありましたら、全然お待ちしますよ(*´ω`)ゝ ハイ」


的な感じでいいかな…?





よし、えーと…、









 

 





65941455.jpg








いなくなりました…、王子が(´;д;`)ウッ…





話しかける前に、すうっと消えていなくなりました。


そして、サポート仲間3人になりました…。



念願のサポート仲間だけの迷宮になりました…。



願いが叶ったハズなのに、なんだか、気持ちが晴れません…。



うん、だって、



私が思い描いていたカタチではないものっ  ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!



ボスと戦いながら、このサポさん達がとっても愛おしく感じました。

ありがとう、ありがとうみんな…!゚.+:。(´∀`)゚.+:。ありがとう!



こうして、もこさんの初めての魔法の迷宮は終わりました。


私のメンタルでは、到底、

「ザ・キャッツコイン使っていいですか?」とか、言えないな…(´Д`;)


チキン人間の代表…、

いや、チキン大会でメダリストになれそうだ…!(*゚∀゚*) [ダメ人間]




私は思うんです。


多分、王子は、ただ眠たかったんだと…   (そう思いたい…)← 強い希望


眠たいけど、迷宮だけは終わらせておこう…と、頑張ったんだと思います。(途中まで)



でも、そうなったのには、私に責任があります。


きっと、王子は強い眠気に襲われながら、もこさんの姿を見て、こう思ったことでしょう…。






221995535.jpg


この服、パジャマみたい(★´-ω-).。oOO グゥグゥ





私も思ってました。


このカラーリング、パジャマっぽいですよね∵ゞ(´ε`●) ブ!



今日も、ものすごく長くなってしまってすみませんでした…!

最後までお付き合い下さってありがとうございました゚.+:。(´∀`)゚.+:。




ではでは、みなさま、良い旅を♪(*^_^*)


↓ ランキングに参加しています(*^_^*) ↓

ドラゴンクエストX ブログランキングへ
プロフィール

ナナプー

Author:ナナプー
☆★☆★☆★


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

★ナナプー・リリップル・夏空・ぽむポムっ以外のキャラ達は、実際のキャラ名ではなくブログ用の愛称です★

自己紹介・キャラクター紹介は、コチラから。

このブログは、リンクフリーですので、貼ったりはがしたり、ご自由にされて下さい^^

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.  

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。